--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.05.08

雨音のワルツ。

P1080337_convert_20090508012836.jpg

気づいたら5月が一週間過ぎていた。

相変わらずの忙しない日々で、たまに自分のダメさに嫌気が差しながらも
どうしようもなく愛しくもある毎日です。

個展の準備も少しずつ進んでます。
個展いつ?なんて久しぶりに連絡くれる人もいて、
なんかなー、嬉しいです。ほんと、ありがたい事です。



さて、

以前の日記で二人展『37.5℃』を違う形で感じてもらう計画があるとお伝えしましたが、
ついに、完成しました!
(カワモトの知人のプロの方に撮影&編集して貰い、PVっぽくして貰いました)

期間中、来れなかった方にも少しでも会場の空気感を味わってもらえれば嬉しいです。
一番より会場の空気を感じて貰えるのは、真っ暗な部屋でぼーっと観る事・笑
あとは音楽が自然と世界に連れて行ってくれます。
それだけ「感」のある音楽なので、あとは自由に感じて下さい。



【楽曲提供】
matenrouz/「摩天楼の囁き」

改めて、今回『37.5℃』に携わって下さった皆さま、本当にありがとうございます。
まだまだ、これからもっと濃い世界にしていきます。
スポンサーサイト

Posted at 03:20 | アート | COM(2) | TB(0) |
2009.03.23

心のままに。

P1080130_convert_20090323124043.jpg

二人展『37.5℃』無事終了しました。
来てくれた人、応援してくれた人、色んな形で協力してくれた人、
本当にありがとうございました!
カワモトもキムラも二人とも本当に人に恵まれて幸せものだと思います。

金属だとか写真だとかそういう枠に捕われず、
空間全体を来てくれた人に感じて欲しい。

二人で構想したものを形にするのは想像以上に難しかったし、
褒めて頂いた分、反省点も多々ありました。
でも次に進むパワーは充分過ぎる位もらったし、
次の構想も膨らんでます。あとは進むのみ。

今回、この展示の為に音楽も創ってもらいました。
本当にイメージぴったりで、二人の空間をより一層引き立ててくれました。
すごくすごく素敵な曲なので、来れなかった方、来てくれた方にも
また違った形で感じてもらおうと、計画進行中です。
それはまた決定したらお知らせするので、お楽しみに。

次は東京。
少しずつ皆の体温上げていってやろうと思います。

P1080065_convert_20090323140248.jpg

大阪にいる間に水道代支払わないと停められる期日が過ぎてしまい、
もう覚悟して帰ってみたら停まってませんでした。
停まってたらネタになったのになんて思いつつ、
自分のずぼらさは一生直らない気がして悲しくなりました。



Posted at 14:14 | アート | COM(2) | TB(0) |
2009.02.27

お前の未来は明るいぞ。

P1070694_convert_20090227033007.jpg

ただいま、東京。


初めてのNYは刺激的で吸収することばかりだった。
まさに、スポンジだ。

NYはとにかく寒い。
でも人は温かかった。
国も肌の色も違っても人の温かさは同じだ。

色んな縁が重なって、NYで活動している中岡りえさんに会う事が出来た。
自分の歳の半分にも満たない私達と対等に語り合ってくれて、
自分の気持ちをストレートにぶつけてくる彼女の言葉は
ずしんと重く、深く、心に響いた。

人との出会いや繋がりは本当に奇跡みたいな事で、
楽しい事ばかりではないけど、
それでも人が人を求めるのはその奇跡に魅了されてるからかもしれない。

私もその中の一人で、すべての出会いに感謝、感謝です。

P1070823_convert_20090227105952.jpg
↑アメリカ自然史博物館。

映画「ナイト・ミュージアム」の舞台となった場所で、
鉱物から恐竜まで色んなものが展示されてて、大興奮で鼻血もん。
時間の関係で数時間しかいられなかったけど、
半日では足りない広さと量。今度はもっとゆっくり観よう。

短すぎるNYの旅の思い出は、
一緒に行ったカワモトのBLOGを見てもらえるとより伝わると思います。

彼女とは来月2人展をやるし、
今後も刺激し合っていい関係でいられると思う。

そう遠くない未来にNYで2人で展示をしたい、いや、する。
そして、いつかは個展。
その頃にはNYに行っても太らず帰ってこれるようになっていたい。

P1070895_convert_20090227103604.jpg

大丈夫、お前の未来は明るいぞ。


Posted at 19:08 | アート | COM(4) | TB(0) |
2008.12.02

蒼の空、白い息、紅。

P1070406_convert_20081202104852.jpg


吐く息が真っ白いのに気づいて、無性に紅葉が見たくなった。

一度登ってすっかり魅了された、高尾山に紅葉リベンジ。


P1070391_convert_20081202104715.jpg

今回はリフトに乗ってみた。

もし自分に犬のようなしっぽが生えていたら、

今、引きちぎれんばかりにしっぽを振ってるだろうと思った。

何か、叫びたい気分。 紅に血潮が反応する。

この世界は私だけのものなんじゃないか、本気でそう思える。

カメラを持ってるとそういう瞬間に出会える。

幸せやな。

P1070431_convert_20081202105351.jpg

高尾山で売ってるでっかいだんごは美味いです。

紅葉を見ながらだんごを食べる自分の姿は、
まさに「紅と豚」だと、少しセンチメンタルになりました。

Posted at 12:03 | アート | COM(2) | TB(0) |
2008.10.21

壊れる音はいつも無音。

DSC_5959_convert_20081019153920.jpg

この前、銚子に行って来た。
知り合いのバンドcolsykaの撮影をするべく。
ずっと行ってみたかった場所に連れて行ってもらえた上に、
最高の景色を見て、旨いイワシまで食べさせてもらっていい一日だった。
何より、いい緊張感を味わえた。
彼らはどんなにふざけていてもレンズを向けると一変する。
目には見えないけどビリビリとした空気を全身で感じる。
それに飲み込まれないようにこちらも全力で向き合う。
この緊張感は何度やっても慣れない、慣れてはいけない気がする。
それに、嫌いじゃない。


次の日、目が覚めると歯が痛かった。


その日は柏でcuolsofarのツアーファイナル。
最近千葉に移り住もうかと考えていたのを知ってか知らずか、
二日連続で千葉に行くなんて何か縁を感じる。
ライブは、純粋にかっこよかった。
毎日の電話より、会ってる1時間が大事なのと同じように
毎日CD聞くよりも、一度ライブに行って欲しい。
どんな説明よりも生で感じてもらうのが一番だと思う。

今日書いたどのバンドも[その日、その時、その場所]でしか
観られないものをみせてくれると思うので、気になった方は是非。


写真もまた然り。
今の自分でしか撮れないものがあると思う。
でも、今の自分は抜け殻だ。

歯がまだズキズキ痛い。
早く治らないと旨い酒が飲めないじゃないか。

DSC_5984_convert_20081021151233.jpg


Posted at 15:14 | アート | COM(0) | TB(0) |
2008.10.03

ぴったりの栓。

P1070321_convert_20081003174010.jpg

写真展に来て下さった皆様、本当にありがとうございます。
今回はほとんど在廊出来なくて、直接お礼を言えず申し訳ないです。
昨日無事搬出してきて、やっと一息ついた感じです。
とはいえ、もう来月次の写真展が迫ってるので休んでる場合じゃない。
9月が濃すぎて息つくとそのままぷしゅーっと抜けきってしまいそうなので
しっかり栓をしなければ。


この前、横浜トリエンナーレに行って来た。
全部を見れてないけど見た範囲で言うと、
正直言ってあんまりだった。(あくまで個人的感想です)

すごい事をやっててすごい人なのかもしれないけど、
結局くるか、こないか、そこが自分にとっては重要で
有名とか無名とか関係なく、
心臓ぎゅって鷲掴みされて泣きそうになるものはいっぱいある。
それは写真でも絵でも彫刻でも音楽でもその人の生き方でもなんでもそう。
有り難い事に私の周りで頑張ってる人達はそういう人が多い。
それはすごい刺激になるし、自分も相手にとって刺激になればいいなって思う。
そんな事を改めて考えるきっかけになっただけ横トリ行く意味はあったな。
人生に無駄な事なんて何もない。
腹の肉以外は。
(しつこいと言われようと書き続けます。)

P1070326_convert_20081003173447.jpg



Posted at 18:38 | アート | COM(0) | TB(0) |
2008.09.19

やわらかな微熱。

P1070236_convert_20080919065343.jpg

ご無沙汰してます。
長い旅から帰ってきました。
なかなか更新出来なくてすみません。

遅くなりましたが・・・
2人展『37.5℃』に来てくれた人、来れなかった人、
応援してくれた人、少しでも気にしてくれた人、
本当にありがとうございました。
今回はラジオ・新聞に出たりと今までにない経験が出来ました。
自分達の作品が人を呼び、その人が新たな人を呼び、
色んな縁が広がっていった濃い一週間でした。
次への課題も沢山あるけど今の自分にとって満足のいくものになりました。

2人展終了後は翌日東京に戻り、その翌日にカナダに旅立ちました。
友達が『Les Sculpturales 2008』という彫刻展に参加する事になって
一応、フォトジャーナリストとして同行してきました。
小さな田舎町だったけど、こんな所にも自分の想いを形にして
発表してる人が沢山いると思うとありきたりだけど、
世界は広い。
ここでも素敵な縁が広がって、いい経験が出来ました。

ちょこっとだけお土産話↓
P1070196_convert_20080919081841.jpg
↑これはモントリオールにある「ノートルダム大聖堂」

本当に感動した。
入った瞬間全身の細胞がSTOPしてしまう感じ。
前に山梨の山の中を車で走った時に一面雪で真っ白な景色を見て
同じような感覚に襲われた。
もう死んでもいいって思った瞬間もっと見たいって思う矛盾。
言葉では表せない、泣きそうになる。
もっともっと、この全身の細胞が本当に止まる瞬間まで、
この目に世界を焼き付けていきたいと思った。

この半月本当に色々な事があって、色々感じて、
全部伝えたいけどどう言葉にしていいか分からないから
自分なりに写真に込めていきたいと思います。
それと、少しずつここで吐き出していきます。


さぁ、怒濤の日々が終わっていつもの日常に・・・
という訳にもいかず、早速次の写真展が迫ってます。
一週間後の27日からで、今回は東京です。
詳細は右のプロフィールか【!NEWS!】の写真展詳細をご覧下さい。
まだまだ息継ぎのない遠泳のような生活が続きそうですが、
またちょこちょこ更新していくのでよろしくお願いします。

P1070263_convert_20080919061615.jpg

実家&カナダで3kg太りました。くびれへの道のりは長いです。


Posted at 08:45 | アート | COM(3) | TB(0) |
2008.08.07

リテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール

P1060747_convert_20080807123101.jpg

久石譲を観に行った。
風の谷のナウシカから始まって、過去の作品全て聞く事が出来た。
終止泣きそうだった。

『1000人いても、10人でも音楽はできる』
約1000人のオーケストラと合唱団をバックにそう語る久石譲はかっこよくて、
例え一人でも音楽は出来るし、人を感動させる事だって出来るんだって思うと
すごいな。本当に魔法みたいや。

自分にとって音楽は生活の、体の一部みたいなもので、色んなもん貰ってる。
何か嬉しくてしょうがなくて、誰に言ったらいいか分からんから、
もし、音楽の神様とやらがいるとしたらありがとうと言いたくなった。



Posted at 15:22 | アート | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。