--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.06.30

それでも私は笑っていたい。

IMG_0159_convert_20100630103557.jpg


願ってもどうしようもない事は沢山あるけど、

それでも願わずにはいられない訳で、

オトナになればなる程どうしようもない事が増えて行く気がして、

子供の頃に本気で空が飛べると信じていた自分を忘れたくないから、

今年は富士山に登ります。

いや、ただ登りたいだけやけど・笑


どうしようもない事を変える事は出来なくても、

せめて自分の周りの人達が笑っていてくれれば、それだけで言う事ないな。


IMG_0164_convert_20100630103413.jpg

お疲れ様、ありがとう、岡田ジャパン。


スポンサーサイト

Posted at 10:55 | 戯れ言 | COM(2) | TB(0) |
2010.06.17

一個と一個のゆくえ。

IMG_0050_convert_20100511184412.jpg












っという間に6月が半分終わってました。
暑い。春をすっとばして夏がやってきた感じ。

先日、代々木公園にデパ地下の美味しいもの(ケーキ含)を買っていき、
レジャーシートでお昼寝してたんですが、ここは極楽かという位気持ちよかった。
近くで大学生達が宇宙人と交信するべく輪になっていても全く気にならなかった。
最近、私はあまりにも幸せになる沸点が低すぎる事に気づいた。
それこそまさにハッピーだな、と思う。

そんな事を考えてると、

昔、小学校の先生から「1+1=2」なのは何故か?
という試験が大学受験で出たという話を聞いて、
子供ながらに色々と考えたのを思い出した。
その後、エジソンか誰かの伝記の中に、
どろだんご2個を足したら大きなどろだんごが1個になるから1+1=1だっていうのがあって
確かに。って思って、
じゃあチョコレートを1個口に入れて、もう1個口に入れたらなくなって0になるし、
男と女は家族になったら子供を産んで1+1=3…∞だし、
なんて事を考えだして頭の中が宇宙になったので、

こういうのをヘリクツって言うんや。

って思ってその宇宙の扉を閉じたのを思い出した。
と、同時に最初にその1+1の話をしてくれた先生はすごい強面で、
毎日ギターを持って来ては「あの素晴らしい愛をもう一度」を弾いて私達に歌わせて、
頭はアフロみたいにもじゃもじゃでサングラスかけてて怖くて、
なんでそんな頭?って聞いたら火事でこげたって言われて、
笑いながらも内心ほんまやろうかなんてドキドキしてて、
小学校2年生で宿題を卒業した私に毎日のように居残りして宿題やらせて、
本気で怒鳴られて叱られたけど大好きやったなーっていうのも思い出した。


何が言いたいかっていうと、

今日も空は青いし、

ご飯はおいしいし、

幸せや って事。


IMG_0130_convert_20100614193458.jpg




Posted at 11:17 | 戯れ言 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。